Kyoukaです

メンズとオンナと

きょーかです☆

生命は
種の保存のために存在しているので
性交は重要なアクションなんだよね。
 
 
 
ところが
メンズは種撒く方で
オンナは
種まかれる方
 
メンズはね
オンナならできるものですよ
発芽率があげられれば良いので。
そうできている。
おばさんだ、スタイルが…ぶつぶつ言いながらでも
やれることはやれる
よほどの恐怖とかストレスとか感じなければ、できる。
 
エロ写真とか見たーいって、
「顔なくてもいいから」っていうのは
オンナ(のカラダ)を見たら
きちんと発情できて
種の保存につながる活動ができるように
そうできている。
 
ところがオンナはそうはいかないもので
ひとつのタネを抱えたら
誕生までの期間
誕生から自立するまでの期間
関わり続けることになる。
 
はだかんぼでそのへんうろうろできていた時代には
食べ物の確保が重要だったことから変化し
資本主義経済のなかで生き
「タネをまくだけのメンズじゃなかろうか」と
あらゆることに気を配らなくてはならない。
時代は変われども
生命の本質は変わらない。
メンズとオンナといる限り。
 
 
オンナは
選ばなくてはいけない、
いえいえ、
むしろ
オンナが選ばなくてはいけない。
 
メンズのカラダも繊細だけど
オンナは別の感覚で敏感なのは
保護と育成を同時におこなっていかなくてはならない性だから、なんだと思うよ。
 
この人は大事にしてくれなそう
そう感じたら
離れるし
なんとなくの薄っぺらいつきあいになるよね。
よくさ、
デートで
おごるとかおごらないとか
そんなことでyes、noとかアンケートあるけど
論外だよね。
タネをまいたあとの
メンズの役割って、
じゃあなんだ?っていうことなんだよね。
オンナは
お腹の中と誕生してからと
こどもを育んでいかなくてはならない。
そうできている。
では
メンズは?
 
 
タネまく以外のメンズの役割は?
 
オンナは、
おごられて当然、とか
お金だされて当然、なんて
思っていないよ。
 
ありがとう、って思うし
楽しいね、って思うよね。
 
 
だけど、
与えないメンズに対しては、
自分を大事にしてくれない人だな、っていうことを
無意識にジャッジして
その先に(現代的にいうと多分結婚とか、そういう深い関係性)つながる可能性は消滅していくよね。
 
 
だから
「結婚」を匂わせられると
メンズの腰が重たくなる、っていうのはね
DNAレベルで刻まれている「責任」が
本能的につつかれて
責任をとらないといけないんだろうな、って感じてしまうから
「責任」が重たくなるんだよね。
生命の本質にね。
 
世の中
お金じゃない、愛だ
とかぬかす人がいますけれど
愛もお金もあって良い。
 
 
 
愛している、としか言わない人と
愛もお金もある人だったら
オンナだけじゃなくって
メンズだって
愛もお金もある方を選ぶでしょう(笑)
 
デートでおごる、おごらない、っていうことを言う場合、
そんなことを言うレベルのおつきあい、ってことだから
やっぱりオンナにとってみたら
先がない関係、になるんだろうね!
幼稚で未成熟に思う。
責任感あって、頼り甲斐ありそうなメンズって
そんなことで議論しない、っていうか
考えにも及んでいない。
 
 
種の保存の観点で世界や
男女のつきあいを眺めると
 
いろいろなことで
思考が汚染されちゃって洗脳されちゃって
生命としての本質って
見落とされていくんだな、って
つくづく思います。
 
 
 
そもそも
世の中(日本が?)疲れちゃっててさ
自分を大事にできていないもの。
 
私もそーだったけど。
 
 
これがさ、
ぎゃーとるずみたいな時代にね
オンナが自分の赤ちゃん産んでね
それを育てて守ろうと思ったらさ
やっぱり力強く
食べ物獲得しにいってくるよね。
 
 
俺ら家族が一緒だから
それでいいだろ、なんて言葉だけでは済まさないよね(笑)
実際的、具体的なものを
もってくるよね。
生きるよね。きっと。
 
 
 
 
どっちが先だったんだろうね
 
 
頼れないメンズと
頼らないオンナと
 
 
増殖してきたのは
 
ああ
なんだかお肉が食べたくなってきた(笑)
Love&Eros
☆Kyouka Naked Venus☆
☆快楽の遊園地アシュタルテ http://erotic-amusement.jp
☆Sexy Jeep http://naked-venus.com/sexyjeep/
☆旅するセクシー
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/
☆官能レッスン
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。