Kyoukaです

やってみよう!はこだわりをかち割るハンマー☆

ちゃお!
旅するセクシーきょうかです☆
きょうかのラリープロジェクト!
チームセクシージープはこちら


6月スケジュールはこちら

オンラインによるトークコースとレッスンを行っています
アシュタルテのプレイは休止中です。
 
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

私は思いついたらがちゃがちゃとやってみちゃうタイプなの
10代の頃はアルバイト始めたりするじゃない
あの時も
ふと
ここ気になる…って思ったら
そのままお店入って
アルバイトしたいんですけど
とか言って働いてたな
やったことないジャンルでも
面接で普通に
やったことないけどやってみなくちゃわからないからやってみたい
って言って採用されてたしー
その結果
違うな、とかあったけどね笑
 
それも発見だからいいのだ
 
やってみる、って自分を知るためには大事だな、と思う
私は好奇心もものすごい旺盛すぎて
やりたいことが多すぎるから
浮かぶがままにどんどんやって
これは違う
っていうのをふるいにかけていかないと追いつかないんだよね
もしもずっと妄想の中で
やってみたいなー
って思ってるまんまだったら
残されるものなのか
落とされるものなのかもわからない
自分がそれでどう感じるかもわからない
好きなのか嫌いなのか
それほど興味も持てないのか
思っていたより面白いのか
それとも思っていたよりたいしたことないのか
やってみよう
ってなる時は
なんの偏見も先入観ももってない
 
やってみようってなる時だけじゃないか、それは
いつもか笑
偏見持ってると世界ってつまらなくなる気がしちゃうけど
私はそもそもやったことないことについてあれこれ考えないもんな
だってねえ
まだ知らない世界のこと、わかんないからね笑
偏見持つほど知ってない
人に対してもそうなんだけど
先入観も偏見も持たない
だれか他の人のことを人に話してくる人っているでしょ
悪口とか噂話は興味ないから聞かないし、
他の人に話せば?で終わりだし
だれだれさんはこういう人だから、って言われてもねえ笑
だから??って話
意図的に人の行動を操作しようとしたり
誰かの印象操作をしようとする人って日常で当たり前にいるので
その時感じた話し手に対する感覚で判断するよね
他人のことを話題にしてあれこれ言いたいだけっていうタイプもいるから
腑に落ちる材料がなければスルー一択だね
 
入り口が
「おもしろそう!」とか
「楽しそう!」とか
「なにこれ、気になる!」っていうそういう直感的な感覚で始まって
でもこれって、あーじゃないかこーじゃないか??って
頭がうろうろし始めておかしくする前に手をつけちゃう、っていうのが大体だしー
あーじゃないかこーじゃないか??ってなってないかも…
 
そもそも調べないし
アクセスする方法を調べようとか
費用がどれくらいかかるか、とか
それに至るプロセスがどうか、とか
何を用意したらいいんだろう、とか
わたしもやれるのかな?とか
「やってみよう!」から「やってみた!」に至るまでの道程に関しては調べるけれど
それ以外のことは調べないよね
気にならないし
以前スタジオで
体位研究会ってやってたの
何かっていうと
江戸時代のよく言われる48手を全部実際にカラダでやってみよう٩( ‘ω’ )و
っていうワークショップね
もちろん挿入とかするわけじゃなくって
その体位をやってみる
参加者の人たちはエクササイズウェアとか来てさ
まずは正常位のバリエーションとかからスタートするんだけど
おもしろかったよねー
いかに普段
一般的な性生活の中で
通り一遍のことしか行われていないのか??
しかもそれって
「その人たちの当たり前」(たぶん、基本的にはカップルのどちらか主導権握ってる方の当たり前)になってるだけだから
別にそれがノーマルってもんでもないし
普通でも平均的でもないってことなんだけど
ただただ
ルーティーン化していくんだな、ということはわかってて
そういうマンネリを打破して
バリエーションがカラダに入れば
自由自在に面白い時間を作り出そうとするムーブメントが起こるのではないか?と
セックスレスになるのを防ごうよ!っていう目的でワークショップを開催していたわけよ
わたしはね
 
 
ところがところが
このワークショップでは私が想定していなかった効果があったんだよね
いくつかの体位やってるあいだにも
参加者の人の反応が想像と違うのよ
えーいつもこんなことさせてたんだーとか
このかっこきつくない??とか
無理無理無理笑!!!とか
そんな声がするんだよ笑
でね
時間終わって参加者の人に感想とか思ったこといっぱい出してもらったらさ
参加していたメンズ
全員が反省していたの笑
笑うでしょ笑
やっだー笑うー!!!って
爆笑しちゃったんだけど😂
 
体位研究会でやったのは
男女ともに、普段やってない側の体位をとってみて、ってやったから
 
つまり
メンズは、女性側がよくやるポジション
女性は、メンズ側がよくやるポジション
それをやってもらってたの
知るためのクラスだったからね
 
そうしたことでね
メンズがね大反省会だったの
今までの彼女にこんなにきつい姿勢をずっとさせてたのか、って思った
(この彼は股関節が硬くて足が開きにくかったから多分なおさらきつかった)
気持ちいい、って思う以前にこのポジションを取り続けることが大変すぎると思う
そのポジションをやることすらできなかった
などなど
とにかく
申し訳なかった
悪かった
って
そこにいない元カノに謝り続けてた笑
女性は女性でね
なにもないか、というとそれもそうではなくって
みんな面白そうに腰振るアクションとかしててさ笑
あんなに腰動かせないよ!とか言って楽しそうだったわね笑
いや、メンズは気持ち良さを求めて自然と勝手に腰振っちゃうのよ
それを
意図して相手の呼吸と合わせてちゃんとコントロールできる人だけがうまくなっていくんだよ
っていうのはさておいて
SMでもそうだけど
SやりたいならMやらないとうまくならない
相手の状況とか
ここまでならできるな、っていう線引きの目安がゼロになっちゃうからね
ほら
下手くそな人ってわからないのにやれてるって思い込んでる人がほとんどでしょ?
特にエロなんかだとさ
SMチックなことをいれたらさ
やりすぎるんだよね
相手の本心からの「やめて」も
「またまたぁ〜」なんてばかみたいな頭悪い返ししかできなかったりして笑
そーじゃないのがわからない
 
潜在的にうまい人=センスがある人
っていうのはいるんだよ
そういう人は感覚的にキャパシティとかわかっちゃうからできるでしょうけど
そういう人ばっかりじゃないからね
人って
保身のために
自分が想定しているアイデンティティの中で生きようとしがちだから
たまには違う自分をあえてやる、っていうのはとってもエキサイティングだよね
おれSなんだーとか言う人いるけど嘘おっしゃい
がちのSの人はそんなにちゃらちゃらSぶらないよ笑
それに気持ちよければ君達なんだっていいってなるじゃないか笑
簡単に揺らぐいであっさりぶれることを大げさに宣言するんじゃない!!!
 
自分はこうだ
っていう固定観念をすっと外したら
またそこで新しい自分の発見と
新しい快感の世界が広がるから
人生の楽しみ方が増えるよね
 

これは見ての通りの貞操帯
ずっっとずっっっと使ってみたくって
初めて使った時は感動したなあ…(´∀`*)
 
好きなんだ、貞操帯
単純に面白いから笑

持ったらわかるけど明らかに金属製は重たいので
初心者のカラダを考えたらシリコン製がベター
軽くて使い易い
内部のとげとげも活かしたじらしが堪能できる笑
1ヶ月くらいずっとさ
ちょこちょこ焦らし続けて寸止め続けたらどうなるだろうね
全身敏感になるのかなあ?
それとも一周回って
何も感じないように麻痺しちゃうのかなあ??
焦らしに焦らしたあげくに思い切りいいタイミングでイクのって
最高にヤバいよね笑
性の醍醐味だわ
 

 
Love&Eros
∞☆Kyouka Naked Venus☆∞
∞☆Sexy Jeep☆Kyoukaのラリープロジェクト2019☆∞
http://naked-venus.com/rally2019/
∞☆Kyoukaが痴女るDVD☆∞
エロスと快感で究極の癒しと解放
∞☆アシュタルテ☆∞
http://inanna-edin8.com
本当にハッピーな毎日
∞☆セックスライフスタイリング☆∞
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/
五感で感じる旅をしよう
∞☆旅するセクシー☆∞
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/
本能目覚めるオフロード
☆Sexy Jeep http://sexyjeep.com
 
Kyouka Twitter https://twitter.com/kyoukaNV0
FB https://www.facebook.com/kyouka.mizusawa.771
Instagram https://www.instagram.com/kyouka_naked_venus8888/
クリっとイカせて↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。