あきらめるしかないかもしれない

旅するセクシー
響香です☆

海外のラリーに参加したことのある女性Kaoriさんに
地図とコンパスの使い方や
タイヤの交換の仕方を教えてもらってきました。

 

 

なかなか、本当にラリーへ行ったことある人に出会う機会がなかったから
とってもありがたかったー。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

感謝しかないです。

 

素敵な人だった。

こういう人に会いたかった、って感じの、
ちゃんと心に従っている人で、風通しが良くって、気持ち良い女性でした。

それから、なかなかスパイシーな「リアルラリー」のお話を聞けた。
砂嵐のこととか
銃口の話とか…

 

わたしはいつも
実際に体験した方のお話にしか耳を傾けることはないのですが
今回のお話は素晴らしく貴重です。

 

そして、
1人で

どう準備したらいいのか皆目検討もつかないまま
相談できる人もいなくって

 

自分なりにできることをやろう、って
必要なツールを調べたり
パートナーに連絡取りながらやっていたら

 

たまたまインスタを見て、
心配になったらしく( ̄▽ ̄;)

 

名古屋のショップさんが

大丈夫?と

ツールを送ってくれることになったのです

助かる( ;∀;)

 

 

その合間にも
畳み掛けるようにいろいろ起こりながら

サポートしてくれたお客様のこととか思ったりしながら

悪戦苦闘しているとこなんですが…

8日に出ないと間に合わない状況なんですが

 

 

実は
未だに
ラリーの資金自体が足りておらず

どうしたら捻出できるかアイディアももう浮かばず
パートナーの女性はもう航空券買って準備してくれているにもかかわらず
ラリー用の資金がまるで足りない自体に。

 

 

あと3日

といっても
銀行口座で送金って
確認とか時間かかるし
自分でしかできないので
ちょっとこれは…

 

9月に遊びに来る、って行ってたお客様も
なにひとつ連絡なくってね、
そもそも、社交辞令も嫌いだし、その場しのぎのことを言う人が嫌いなんですが、
ここまで信頼できない適当な感じの人が集まっていたとは…いつのまに?って感じでショックですね。

 

前はもっとみんな、コミュニケーション取れてたし、口約束だけ、ってなかったんだけど、時代なのかな?

 

もう人なんて
信じちゃダメね、っていうか
信じられる人と
信じる人と
いい加減
見極めないとね。

 

 

来るも来ないも自由意志であることは当然ですが、
期待したって無駄ですね。

 

自分のときは欲しがって
こちらが助けを必要としているときには無視するような人たちばかりでした。
でもそれの原型は
実はわたしの場合は家族なのです。

 

 

 

それはそれとして、
実際どうしよう

 

主催の方にもずっと信じて待ってもらっているから
私は信頼を保持することや、
自分の決断に対する責任があり、なにをしてでも捻出して行きたいのですが
いかんせん
心が折れそう…

 

しかも
こんなに直前まで不安定なんて
実際行ってまともに走れるのやら

 

わたし、
大学受験のときとかも
当たり前なんですが
逆算してがっつり準備するのね。

 

これはまずいのです
自分の流れもリズムもおかしいし

 

不安ゼロで行きたいから、こんな風に物事を進めるわたしじゃないんですけど、一体どーなっているんだろう…

 

名古屋のショップさんには

のんきだね!と言われたんですがね

実際に

わたしがちょー不安がって焦って慌てていたら

周りの人はもっと心配で不安になってしまうでしょ?

だからどんなときも出さないんです、私。

出さない、っていうか、どうしても冷静になっちゃう、っていう方が近いですが。

 

 

 

焦っても
良いアイディアも出なくなるから、
追い詰められれば追い詰められるほど
冷静じゃないと
判断誤って
見られるものが見られなくなると思うのです。
不安から行動するとミスすることが増える気がするので、
もっと広くいた方がいいな、と思う。

しかも、
自分が主導していかないと進まないことで
まとめ役が慌てたら終わりでしょ。

だけど、
自分のリズムがおかしいリズムなので、(進み具合がね)
やばい、と思っている。
応援してくれた方は
本当にどうもありがとうございます。

 

わたしは恥も外聞もないんで
あと数日ですが
もうちょっとあがいてみます。

 

無理だったら
応援してくださった方のお気持ちは
来年まで保管しておくことにします。

 

 

でもって
パートナーが準備してくれた分のお金と
ラリー自体がキャンセルになっても
キャンセル料は100%なので
どっちにしても費用を作らねばなりません。

 

行ける場合、
初めてのラリー体験
ぜったいがっつり写真も動画もおさめたいけれど
残念なことに
手持ちのカメラは全部修理が必要な状態なので
その費用ももう無理

残りの報告をする活力があるかわからないですが
不安で息ができず
眠っても眠れないでいます。

 

 

どうしよう。←これが交互にくる

 

 

それでも
タイヤ交換とか覚えられたことは良かったから
ちょっとずつ進んでいる、と信じることにします。

 

やっとタイヤの交換覚えられたのにな…
砂漠いきたかったな。
走りたかったです。
どこまでどれくらいできるのか
体験したかった。

私は人生の価値観で
doとfeelって非常に重要で
最重要項目なので
それに向かっていきてるの。

 

 

それのためにあれこれやって
報われなかったときって、
ちょっと力抜けます。

 

 

自分の夢と情熱を
自分の手でがっかりさせるなんて
滑稽で悲しいです。

 

 

でも、
自分で登録して
ラッキーなことに砂漠をナビしたことのある女性もみつかって
あと少し、っていうチャンスを
みすみす逃すにはいかないし、
投げ出すのはいや。

 

 

投げ出したらその時点で終わりになっちゃう。

 

 

泣きそうに辛い状態が続いたまんまではあるんですが
あきらめそう、という息切れとせめぎあいつつ
あきらめずにいきます。

 

 

まだ決めつけるのは早いので

やれる準備はしておくことにして

きっとまだできることはあると思うので、
もう少し。
ところで
こんな時に突然
ラスベガスの事件があって

 

ちょっとちょっと、怖いよ、ってなってるのですが…

 

 

 

 

あまりにも唐突に起こったことで…

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

あんなところであんなことがあるなんて、ショックだ。

 

 

 

事件自体は何かの拍子に知って
びっくりしたあと…

 

 

いろいろと違和感感じているうちに
内容の隠蔽工作が始まっているような気がしているわたし…。

 

事件から少しのあいだは
情報錯綜していたみたいなんだけど

 

 

あの「容疑者とされている人物」って
本当に容疑者なんですか?

 

 

わたし、彼の身内だという「弟」なる人物のインタビュービデオが
とっても気味悪く感じるんですが…あんな感じになるのかな。

 

自分の身内、それがたとえ
距離的、精神的に離れていたとしても

あんな大事件起こしたことに対してのインタビューって、

しかも、今回、
銃乱射で、たくさんの人が犠牲になっている状況で

 

(人数もいきなり変化しなくなっているけれど、
きっと裏で、本当は負傷者数増え続けているのではないか、と思っている)

 

メディアに自分の身を晒す勇気、って

 

 

ある????

 

 

 

話すこと、ってできますか?

 

 

できるものなの??

 

 

あんなに饒舌に、流暢に

「戸惑っている」

っていうことを

メディア(銃社会の)に晒せますか?

 

 

私だったら、

1晩はひとまずインターホン越しとか、
姿なんか現せないと思うし、
発言できない気がするのね、

 

怖くない?

 

犠牲者の家族とか、
隣人とか、
事件に怒りを覚える人とかが

この人を攻撃することも考えられるでしょう?

 

ここに違和感感じるんだ。

 

あと、
登場が早くないでしょうか???

こんなにすぐ容疑者特定できて、
身内にコンタクトとれて
身内はすんなりメディアに出てこられるものなのか???

 

なにかが気持ち悪い

 

大事件を起こした身内、だというのに
一般人でこんなにすいすい出てきてここまで喋り倒せる、
この「弟」という人物のメンタルがタフすぎて、
ちょっと…なんだろう、この気持ち

 

それから、この「弟」
自分の「身内」が殺戮したにもかかわらず
インタビュー内で
「葬いの言葉」とか、そういったことを一言も発していないようなんですけど、
ちょっと近くって遠い人がやらかしたことに対する証言のような…他国のできごととでも言うような、
あと、あの笑いはいったいなんだろう?笑えるかなあ?

 

すごいおおごとだと思うんだけど、そんな風に見えないんだよ
この「弟」の話しっぷりと、内容が。

 

こういうもの?
編集なのかな…
それとも、真ののんき君か?

 

自分の身内が大量殺戮したとして

メディアに出ること(しかもすごいスピーディに)
たくさん話す

これできる???

 

 

この「弟」のタイミングがどーも…

 

 

本当にあの人物が「犯人」で
本当に「弟」だったとしたら

そっか、本物だったか、って思うけど…

 

 

 

ひとこと

 

 

うさんくさい

 

真実っぽくないところが
この事件がおかしい感じになっちゃって(私の中ではね)
それが気持ち悪くって。
ただの(ってこともないんだけど)なんだかわかんな人が引き起こした
銃乱射事件じゃない感じになっちゃって
なに考えてんだろ、アメリカ、って。
なんのためにこれを?って。

確かめようがないからうさんくさいままだ。
(はっきり、クリアで明確なのが好きなんですよ。)

「容疑者」とされている人物だって、
最初は「警官が突入して射殺」だったのが
いつのまにか「自殺」になってて
一体どう自殺したのかわからない。

 

他のすごい事件のときは
戦争したかったんだな、ってわかるんだけど。(あれはまあ、大仕掛けだった。でも一般人を巻き込んではいけない)
敵なんていないのに、敵を捏造していったあげくそれを「真実」にしようとする人がいるみたいなの

そういうタイプに遭遇してびっくりしたけど、大国も同じことをやりつづけてる。

 

 

とかね、
いろいろ書き出したりするとあれなんでね…

 

ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと前にね

 

FBまだ細々だけどやっていたんですね、私も。

 

ダンスの友達とかと

 

 

その中で

私は

キリスト教と、聖書と罪悪感
それから敗戦とそれ以降の日本のコントロール(主にアメリカによる)
そこに性の抑圧(=生殖行為のコントロール→人類コントロール)が大きく絡んでいる、ということを思ったので
書いていたの、FBに。

 

ある日ね、

メールが届きましたよ。

 

 

「それ以上書くな」

 

 

って。

 

 

「書いたら危ないですよ」

 

って。

 

 

もちろん見知らぬ人(名前書かれていたかも思い出せないけど)から。

 

 

それまでも

私は意外と(ってほどでもないか)疑り深いんでね、
インターネットって
怪しいよなー、とか思っていたんだけど

 

なんの気もなしにね、
ちょっとした自分の気づいたこと
コラムってほどでも論文ってほどでもないけど
気づきメモ程度に書いていたものがね

 

いつのまにやらどこぞのだれかに
チェックされていて(だれだったんでしょうね、あれ)
牽制するメールがきてね

 

薄気味悪さにぞっとしたものです。

 

 

その見知らぬ人からのメールが正しいか正しくないかはわからないけれど、
核心に触れちゃう人種もいるんだなって、ことと
なんとなく、
たぶん、ほんとなんだ、ってことも思った。
ばれちゃいけないことが
世の中になにかあるっぽい。
わたしは結構、そういうのをすぐに気づいちゃう、っぽい。

(ひとつなにかあると、あらゆることが曼荼羅のように浮かんでくるんです)

ていうか、みんなは気づいていないことなの???

 

ってことも驚くことも多いけど。

 

そういうこともあったのでFBは、どーしょーもないメッセージばっかりだし

(セフレにして、だの、ヒモにして、だの。ばかやろう)

余計に私は
どんな写真もリアルタイムではのせないし
インターネットの情報は鵜呑みにすることはない

 

本当に伝えたいことは
実際に会った中でしか話さなくなりました。

 

 

性に関しては
宗教改革とかそういったものすごい昔からのことも影響しているから
根深いよ。

 

「食」に関してもコントロールされているんですが…

 

スピリチュアル、もそうだね。

 

これが、まああ
日本の強迫観念とがんばりやさん心に火をつけたね。

 

もはやなにかと目にして日常にも馴染みができつつある「スピリチュアル」だって
系統をたどっていけば、なにが源流かわかるから
表面的なことだけとりあげて、あっちこっちかいつまんだだけで
「ぶらない」で済みますよ。

 

すごい方法できたよね。
欲望を刺激しながら罪悪感を植え付ける、っていう。

 

あれは本来の生きる場所
「いま」っていう瞬間から実は目を背けさせ続けていますよ。
ノストラダムスからずっっと終末論は
手を替え品を替え(ノストラダムスやら、マヤ暦の終わりやら、アセンションやら)繰り返しなされているし。
そのたびに(一部の)人の目が
それによってきょろきょろすることになる。

 

人を支配してコントロールする、っていうのは古来から
支配層の考えることで、
政治と宗教はもともと結びついていて
ああ、それと「暦」です。

 

これでコントロールできるから。

 

そこに「メディア」が加わって

見事

多くの人が歩く時まで運転するときまでスマホを見ながら、って状態になった。

 

お見事、としかいいようがない。

 

これだけ本来の感覚から切り離されて行ったら
生命力、って
減退していきそうなものだ、と

 

脳をずっと刺激しているし
画面の向こう側のことばかりで現実感がなくなっていくから
実際に動くこともしないで、画面ばっかり見て
あーだこーだ、頭の思うツボだよね
ちょっとあれ、な感じのこともますます増えそうよね。

 

脳は、ホルモンや睡眠のバランスとか
あれこれいっぱい指示を出して調整してくれるのに
そこにずっと、なんだかわからん波を送られ続けるわけでしょ?
一種の人体実験だよね、これって。

 

人はどうしたらコントロールされるか、っていう。

 

インスタとかFBとかSNSでおかしくなっちゃう人だって
いっぱいいるじゃない。

 

スマホや画面は、自滅に向かわせる兵器だね。
あることないこと
でっちあげも山ほど書かれているし
間違ったことを書いたサイトからのコピーで
その間違った情報が間違ったまま伝わって
間違っていることにも気づかないまま
まるで真実のように伝わって行く

 

虚像しか見えていない人どれくらいいるだろうか。

 

しかも、リアルに対しての耐性が失われて行くから

(たとえば別れ話をメールでしかできない、とか
返事とかなくても平気でいられるようになる、とか)

コミュニケーションに弊害がでそう。

 

感覚器官って、
外敵から守る目的もあるから、
刺激があったら注意がそこに向きますよね、
音でも光でも匂いでも

 

それがさ、
ずっと画面、ってなると
自分の感覚器官がずっとそこに向かってしまうから
身体の感覚から注意がそらされていく、ということにつながる。
そうすると、食の感覚も変わるだろうし(本当にお腹減ってるor減ってない、とか)
まあいろいろ変わるだろうね。

 

流れている情報って偏っているので、
必要な情報をピックアップして
それが自分のところに届くようにね、
へんなの、って情報はスルーできるように
みんな(もちろんわたしもそうね)、自分なりのフィルターを通して見るから
他者の意見は、あくまで他者の意見なんだな、って
自分をもっててくださいね。

 

自分にとっての幸せ、自分の人生で大切なものはなにか、っていうこと。

比較じゃないから。

 

他人がそれによって楽しそうであっても
実際に自分がそれを体験したり持ってみたら
別に楽しくもない、とか
お荷物なだけ、ってものは
うんざりするほどあるはずなので。
自分を保つ、っていうことは
これからますます重要になってくるから
本物を見極める目を保つように
私もしようとより一層思う。

 

スカイツリーという
大嫌いなフラグをたてられて
もうほんと、冗談じゃないよね、って感じです。

 

それでは。

 

心理操作するための演出が
世界中に蔓延していて
そういう中に入ってみると
疲れますね。
不自然すぎて。
 

 

Love&Eros
☆Kyouka Naked Venus☆

快感プレイは
☆快楽の遊園地アシュタルテ http://erotic-amusement.jp

快感を身につけるなら
☆官能レッスン
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/

五感で感じる旅をしよう
☆旅するセクシー
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/

本能目覚めるオフロード
☆Sexy Jeep http://naked-venus.com/sexyjeep/

クリっとイカせて↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村