わ❤️と思ったタイミングを逃さない


旅するセクシー
響香です☆

とあるショップさんの店長さんとお話していて

今年の10月に砂漠走りに行くんですよ(*´∀`*)ウフフー

って
車のお話になったのね。

 

免許取ったときのお話なんかもしていたら
店長さんは
私の運転歴が長いのかと思い込んでいたらしく

ちょうど2年と6ヶ月くらい

って言ったらびっくりしちゃってた。

 

 

「ただ運転するだけ」ならびっくりしないのかもしれないけれど
砂漠行く、っていうことが驚いたみたいなの…ふむふむ。

 

すごい行動力ですね…だって。

 

自分の行動パターンはいつもそんな感じだから、当たり前の行動様式で慣れちゃってる。
でもいろんなとこのいろんな人に、行動力ある、と言われてきた。
動いちゃってるの、思い立ったら。

持続力にはやや欠ける。
勢いの人間だから、発火する係、どんどんアイディア湧いて来ちゃうから発案者。
発案して構築してから、継続できるねばりつよい人にバトンタッチするのがベストなの。

 

 

 

思いついたら即行動

 

 

 

思いつき、って

最高のプレゼントなのよ。

 

 

宇宙がね、

「それそれ!いいねー!行っちゃえ行っちゃえ!」って

せっつくようなもの。

 

 

思いつきっていったって
その思いつきは「自分」しか得られていない思いつきだから、
大事にした方がいいよー。

それにたいして自分が自分で「ばからしい」って否定すると、自分がすねちゃうからね。

タイミングもずれてくるし。

 

私はそもそも
自分が人生で車の運転をするようになる、なんてことが想定していなかったの。

 

ただ、
小さい頃の保育園からの帰り道で
1台のジープさんが停まっていた姿がかっこいくって
「運転するかどうかわからないけれど、大人になったら私はきっと、あれに乗るんだ」
って思ってた。

決めていたのかな。

 

 

言えることは
そんな小さい時から自分の性格も好みもはっきりわかっていた自分に
あんた最高だよ!とほめてあげたい(笑)

 

車に対してそんなに熱い情熱をもっていたわけではないけれど
セドナに何回か行っているうちに
「モニュメントバレー」に行きたい!って思ったの。

ここは西部劇の舞台としても有名なんだけどね
中にホテルが1軒だけあるの。

日の出ハンターとしてはもうここに泊まりたくってねー。

だってガイドツアーで行ったらさ、
やっぱりその日のうちに帰るか
高額で日をまたぐか、どちらかになるでしょ。

 

満月の夜に泊まりたかったの。
そして日の出を見たかったの。

 

それをするためには
「自分で運転していかないとだめかな」と思って
それで免許を取りに行ったのね。

 

 

免許を取得したら
お客様が
「高速で練習するか( ̄▽ ̄)行っとけ」と
助手席座ってくれてね、
高速道路練習させてくれて。

 

免許とって4日目くらいだっけ?
成田山行った。

 

セドナの旅にあわせて
免許取得したものだから
実は免許とって翌週くらいにはもうアメリカだったの。

 

で、
高速練習したはいいけど
はっ!と気がついたことがあって

 

いきなり1人で乗れるのか!?

 

ということだったのね。

 

教習所でも
その高速練習でも
だれか(しかもベテラン)がお隣に乗ってくれていたから
なんとか大丈夫だった、のかもしれない!

 

いきなり1人は危険だな、さすがに( ̄▽ ̄;)無茶はいかん、と思ったので
レンタカー屋さんに行って
かりて
東京タワーまで、
1人で運転してみる、っていうのをしておいた。

 

 

すごい緊張したけど
まあやらないよりはやっておいた方がね、いいに決まってる。

 

1人で乗る、ってこういう感じか、とわかったところでアメリカ飛んで
セドナでレンタカーかりて。

 

それが免許とって2週間後?くらいだったよね。

アメリカでレンタカーかりる、っていうと
それを聞いたみんなが

「まだ日本でだって慣れていないのに、いきなりアメリカなんて危なすぎるよ!!!」

と言うわけだ。

 

 

でも私はね

その時点で、地球上のどの道も慣れてなくって
どこ走ったって初めての道なんだし怖いことに変わりはない。

なら、なにも癖がついていないうちに
とっとと走ってこよう

って思ったの。

 

どうせ怖いんだし
でも、かといって、怖がっていても走れないし
いつか走るのなら、それが今だね、って
走りながら、このケースはこうするのか、って知っていかなくっちゃ進まないな、って。

 

 

 

それでいきなり
セドナからラスベガスまで往復で1000kmくらい走ってるの、わたし。

 

 

いやー…

緊張したよー(笑)

 

 

用意されていたのが日産のアルティマでね、日本車だ!って安心していたのもつかの間

乗って違和感感じ始めてなんでだ?と思っていたら
どうやらアメリカンサイズの車体だからおっきくて
峠道みたいなとこは地元の車速いし
右折のタイミングもわかんないし
後ろの車に「ファッキュー!!!」って
思い切り叫ばれたりしたし(いまだになにがおかしかったかわからないけど…)

 

 

なによりレンタカー借りたてでいきなり
ガソリンいれるところからだし。

 

どうやっていれるのかもわかんない。

 

ガソリンスタンドなんて
まだ日本でだって行ったことないのに、
停めるの大変だった(笑)
やっと停めたーと思ったら、
ドア開けられなくって出られなくなってるし(笑)

 

そんな始めてのロードトリップから
ジープくんではもう60000キロ超えするくらい走っているけれど
初体験のどきどきは
やっぱり特別だったな、って思う。

 

 

最高に楽しかったもん。

 

 

すっごい緊張したけれど
楽しかった。

 

あれは間違いなく「冒険」だった。

 

 

あのとき
もう少し日本で慣れてから、とか思っていたら…どうだったかな?
想像もできないけれど。

 

 

恐怖があるときっていうのは
恐怖と向き合った方が相殺されるものなんだと思うの。

 

 

恐怖があるけれど、あるなー、でも怖いから見たくないなー、って、ほっといてしまうと
いつまでもそこに居座るの。

あげくのはてに、肥大化していくの。

 

恐怖と向き合うと、
一体なにが怖いんだろうか?って
見つめることができる。

 

何が怖いのかわかったら
それに対しての対処ができる。

 


Love&Eros
☆Kyouka Naked Venus☆

快感プレイは
☆快楽の遊園地アシュタルテ http://inanna-edin8.com

快感を身につけるなら
☆官能レッスン
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/

五感で感じる旅をしよう
☆旅するセクシー
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/

本能目覚めるオフロード
☆Sexy Jeep http://naked-venus.com/sexyjeep/

クリっとイカせて↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村