出会うも縁、出会わぬも縁☆

旅するセクシー
響香です☆

 

 

今までいくつかのお店で勤務して
一度退店したあとにもう一度在籍したお店も少ないけれど、ある。

 

 

復活在籍した時に

「会いに行こうと思っているあいだにやめちゃってた!」

と言われたこともある。

 

 

もし、私がそこで復活をしなかったら、
出会えていない縁なのだ。

 

そんな私にも

大好きなレストランであるにも関わらず閉店してしまって
シェフの行方がわからないから「あの味カムバーック( ;∀;)」って思ってももう記憶でしか味わえなかったり

 

長年担当してくれてた美容師さんが、九州に移動しちゃったり(それ以降、この人!っていう人が見つからず、担当の方を決められない泣)

 

あー、この人神の手(*´∇`*)ヤットミツケター!!!!

と思ってその人しか指名していなかった凄腕マッサージ師の方が国へ帰ってしまっていなくなったり(笑)

(渋谷のマッサージ店ではよくあること(笑)国へ帰っていなくなっちゃう!)

 

 

そんなことはざら。

 

 

特にここ最近の渋谷なんかは
お店の閉店&工事ラッシュで
デートコースでもランチでもディナーでも行っていたようなお店やホテルすら
どんどんなくなっていく。

 

 

待ち合わせのときに

 

 

 

 

「じゃあこのあいだの◯○で」

 

「あっ!そこいま工事中だから、ないよ」

 

「えええええ〜( ̄▽ ̄;)!!!」

 

 

 

って感じ。

 

 

 

私なんかはハマってしまうと
毎日でも行くタチだから
余計に喪失感がすごいし
似たものを探すにしても
オンリーワンが好きだから、そう簡単に見つかるものでもない。

 

 

不思議なことに

出会った時ばかり、「これはご縁だな」と思いがちになるけれど

出会えない縁、というものもあるよね、となんとなく思う。

 

 

 

あんなに行ってたのに
いつのまになくなったの?

 

 

毎週のように通っていたのに
いなくなっちゃった…

 

 

 

その「2度と出会えない感」って
私は結構好きで、
別に孤独にセンチメンタルに生きていたいわけではないけれど
「その瞬間の重要度」とか
「その時の特別感」がヴィヴィッドになる感じが好きなの。

 

 

瞬間に全力で生きようとしていく感じが心地いい、というのかな。

 

 

私自身が、ココロに浮かんだことをその情熱の熱さのままに進んでいくからか

いつかいつかと言うばかりで具体的な計画をひとつも妄想せず
「wantだけの日々」で成り立っている人に共感できにくかったりする。

 

 

でも、
そういう行動スタイルの方からしてみたら
私なんかは「もっと慎重に動きなよー」と見えたりもするだろうから
お互い様、ってことで
自分のタイプと違うところをどーこー言えたもんじゃない。

 

 

 

プレイをするにしても
一度会った人からは

 

 

「もっと早く来ればよかった〜!!!」

 

 

と言われることは数多くあるけれど
そう言ったって
その時動けなかったんだからしょうがない。

 

でも今日会えたんだからよかったね!って言う。

 

 

1日でも早い方が
その分、その先よりも明らかに若くいやらしい状態で会えるけどね(笑)

 

 

 

私自身、
即断即決即行動がモットーで
迷うときは動け!って人なんだけど

それでも自分の「人生でこれやるんだリスト」の上位クラスからの優先になっていく。

 

 

優先順位が低いほど

今じゃなくっていいか、ってなる。

 

当たり前。

 

 

でもその反面で

 

これは遅かれ早かれやるだろう、行くだろう、っていうほぼ「決めてる」ものごと

 

そのことを思い浮かべたらどきどきする、っていうか
なんかテンションあがって楽しくなってきちゃったり
カラダがむずむずしてくるようなことだったりしたら

有無を言わさずそれに突き進む。

 

 

 

今はさすがにいないけれど
昔のお店でプレイしたときなんかは初めてきて
会った瞬間に「また来ていい?」と
たずねてくる方がいた。

 

「?いいよ、なんでわざわざ聞くのそんなこと(笑)」

 

というのが大体のわたしの常套句になるんだけど
これだけは未だにわたしにわからないことのひとつだな。

 

 

来たいと思ったら来ればいいし
思わなければ来ないだけってことだよねえ。
許可が必要なの??
いい年した大人が?
自由に決めたらいいと思うのよ。
歯医者さんの定期検診でもあるまいし、
趣味嗜好の世界なんだしさ。
自分の好きなペースやタイミングで楽しめばいいのにさ
許可を求められても。

どんなフィルターかけて世界や人を見ているのかわかんないけど

 

「私なんて大したことないからー」とか言って
「そんなことないよー」と言われるのを待つ人種みたいでめんどくさい。
男女関係なく、このタイプってめんどくさい。
そもそも、本心じゃ大したことないとか思ってないんだもんね。

 

今までに
たくさんの人とプレイしてきたけれど
それだって
全人口の何パーセントにも満たない人数。

 

 

しかも、風俗店なんて腐るほどあって
そこで働くプレイヤーだって
生粋の女性から、ニューハーフさんまで
ありとあらゆるジャンルを含めたら
一体全体、何人いるの?

 

 

その中から1度でも出会える、ということは
奇跡としか言いようがなく
その不思議な巡り合わせに私はいつもどきどきするのだ。

 

 

 

そもそも
私たちがここに存在する、ということだって
べらぼうな奇跡によって成り立っている。

 

 

そう考えると私にとっては
日常のすべてが奇跡である。

 

 

奇跡の存在同士が出会って
その時にしかできないことをする。

 

 

これってエキサイティング。

 

 

 

プレイって、すごくわかりやすい一期一会の出会形だから
より、その「奇跡」感が際立つけれど
私は思う。

 

 

これは、もちろん、私のプレイのようなエロスの世界だけじゃなくって
すべてのことで起こっていること。

 

 

だからこそ
キスをするときに
その人の存在そのものに、ありがとう、と思ってキスをする。

 

 

ただ、時々
相手から自分の生命力を奪って生きていくタイプの人もいて
かまわれないとすねてみたり、怒ってみたり、逆ギレしてみたり

その中で
なにが喜びに変換されているのだろう?

 

 

いかにも不安や恐れにまみれている。

 

 

ご夫婦やカップルさんの相談なんかだとつくづく思う。

 

 

どうしてそんなに自分の本心を偽ってごまかして生きるのか。
パートナーから逃げるのか?

 

 

多くの人が
明日も今日と変わらぬ日、と思って生きている。

 

 

就職が決まり、初出社の時はときめきとやる気でみなぎっていたココロが
いつしか
会社の不満、上司の不満を垂れ流すようになる。

 

 

きっと幸せになろう、と誓い合って結婚したはずなのに
家の中では挨拶もしなくなった。

 

 

 

本当に
明日は今日と一緒なんだろうか?

 

 

故人になったとたんに
良い思い出ばかりフォーカスされて
あの時もっと優しくしておけばよかった、ってなるのはなぜだろうか?

 

 

生きてるあいだしか行動できない言葉で示せない態度に表せない、というのに
死んでから良い扱いをしても遅い、というのに。

 

 

こうなる人は大体が、人まかせなのだ。

 

相手が笑わないから、私は笑わない

こんなにやっても喜ばないからもうやめる

 

雨が降っただけでいらつく人と同じなのだ。
雨はただ「雨」なのに
いらつくことを選ぶのも
喜ぶことを選ぶのも
無関心を選ぶのも
すべての源はどこだろうか。

 

 

 

私は風俗嬢の傍で
カラーセラピーやアロマセラピーみたいな代替療法や
ブーケやガーデンデザインなども学んできた。

プレイにしてもそうだけど

ココロにダイレクトに響くような空間や時間を提供したい

 

そう思っているんだな。

感動したいの、
自分が飽きっぽいということもあるけど、
もっとよくなるよねー、って
いい手応えって、すごく気持ちいいから

 

 

それと、両親がけんかばかりしていたから
楽しい気持ちになれる場所が好きなのね。

 

 

私だってなかなか渋く、ハードコアに生きてきてるけれど
それでも世の中、捨てたもんじゃないのよ、って思うから、人生の楽を五感を通じて言葉を超えてわかるような。

 

 

 

最初にそれを自分が選んだのなら
なにか違和感感じたときに修正ができるのも自分だから。

 

 

問題を作るも自分
解決できるも自分

 

すべて自作自演だね、この世の中は(笑)

 

 

かけがえのない人生の一瞬を
どう生きる?

 

 

っていうことは
自分でしか決められない。

 

 

 

待っているのも自分で決めたこと。

出会わないことも自分で決めたこと。

出会えなくていいご縁もあるのでしょう。

 

 

 

つまり、

それでいい

これで完全

すべてがそのご縁の中で
今が在る。

全部がその通りに
きちんと配置されている。

これが世界。

これでいいのだ。

 

 

 

ってところに郵便屋さんが書き留め持ってきた。

 

 

受け取ってサインしたあと
珍しく郵便屋さんが話し出した。

 

 

 

「あの、もう知っているかと思うんですが、こういうの売ってるんですよね。
いりませんか?」

 

 

 

見たらはがきだった。

 

 

私は旅先からはがき送ったりするのも手紙書くのも好きだから
はがきは使うといえば使う。

 

 

 

しかーし…

 

 

 

 

 

 

 

「はがき、使うけれど今はいらないですー(・ω・)」

 

 

 

 

 

 

今日は買わないご縁だった。

 

 

 

 

「縁をどの形にするか」っていうことを決めることができるのは自分だけだ。

 

 

 

そうわかると

たとえば

 

 

出会えなかったことにしても
やれなかったことにしても

 

 

そういう縁につなげたのは自分に他ならないのだから
くよくよしたり
引っ張り続けることなんてちっともなくって

どんどん次に進めばいい、ってことだ。

 

思い残すことがあるはずない。

 

 

あるとしたら、
選択しなおせばいいし
もう2度とチャンスがないのならば
次から間違えた選択をしなければいい。

 

 

郵便屋さん、はがきはまた今度ねー(笑)

 

 

Love&Eros
☆Kyouka Naked Venus☆

☆Kyoukaが痴女るDVDだよ☆

M男パラダイス…http://www.mo-paradise.com/front/delivery_detail/MPA1806DLV0737
DMM…http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=mgmj028/

快感プレイは
☆快楽の遊園地アシュタルテ http://inanna-edin8.com

快感を身につけるなら
☆官能レッスン
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/

五感で感じる旅をしよう
☆旅するセクシー
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/

本能目覚めるオフロード
☆Sexy Jeep http://naked-venus.com/sexyjeep/

Kyouka Twitter https://twitter.com/kyoukaNV0
FB https://www.facebook.com/kyouka.mizusawa.771
Instagram https://www.instagram.com/kyoukanakedvenus8888/

クリっとイカせて↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村