Skip to content

媚薬研究室#2スパニッシュリーベクリーム

媚薬研究室
今回はドイツ発
スパニッシュリーベクリーム

ドイツって国はホリスティックな面で進んでいて
ホメオパシーや花療法などなど数多くのメソッドを送り出していますね。
コスメにしてもパワフルで効果抜群のものが多いし、
感度アップクリームも期待できそう♡

とはいえ

ドイツ製なのになぜスパニッシュ?

そんな疑問を感じつつ
まずはスペック

 

Petrolatum
Paraffinum Liquidum
Cinnamon Oil
Mentha Piperita
Ocinum Basilicum
Rosmarinus Officinalis

 

ドイツ語の授業にもっとまともに出席していれば良かった…
と、媚薬からなぜか大学時代の反省に向かいかけてしまったのですが
気を取り直してチェックします。

 

まず
Petrolatum
これはワセリンです
軟膏のベースですね

 

次、
Paraffinum Liquidum
見てのとおり、パラフィナムって書かれていて、次にリキッダム
つまり、リキッドパラフィン
クリームを柔らかくするもの

 

これでなめらかなクリームとなって
塗る作業からムラムラしていく、ってわけです。

では次に

 

Cinnamon Oil
シナモンオイル
シナモンが性感に?と一瞬思ったでしょ?
実はシナモンは、精力アップフードとしても効果があるのです。
(こちらに関しては「今夜のLove Food」コーナーをご参照ください。)
手元にある「アロマテラピーのための84の精油」(フレグランスジャーナル社)内のシナモンの項目には以下のように記載されています。

 

「これには催淫作用があるため、
インポテンツに際して効果を発揮するという評判もあります」

とある研究では、
シナモンオイルが参加者の性的衝動を増大させたそうです。

 

これは性的衝動剤かな

 

Mentha Piperita
読んで字の如くペパーミント
1回目のタイガーバームにも入っていました!

ペパーミントにも催淫効果があります。
さらに、血流を促す刺激剤としての特性ももつことで
じんじんとした感覚から、意識を一気に惹き付け
エロティックな気分を引き起こす効果を狙って含有されているものと思われます。

 

Ocinum Basilicum
バジル
これも意外な感じでしょうか
パスタなどのイタリアン流行と共に、
家庭でも身近になったバジルが、
まさかこんな所に(笑)

バジルに関しては、催淫作用があることはわかったものの
具体的な記載が手元の資料に乏しく、調べてみました。

インドではクリシュナとビシュヌに捧げられた神聖なハーブとのことで
でも性的な記述にあたらな〜い!
エストロゲンホルモンに似た働きがある、ということはわかりました。
また改めてバジルに関しては報告します。

 

最後に
Rosmarinus Officinalis
ローズマリー
ローズマリーも食卓でも人気のあるハーブですね。
どんなローズマリーを含有しているか、ということも気になりますが
使用感や、製品特性を考えると、カンファー系ではないかな、と。
※カンファーは筋肉弛緩作用がある。
あとは刺激作用、強壮効果かな。

以上です
興味深い含有物です。
タイガーバームの力づく感とはやや趣きが異なりますね。

さて実際に使ってみましょう!

不透明なクリーム
柔らかめですが、垂れるほどではなく、しっかりしています。

これを、
いろんな所に塗ってみます。

タイガーバームに負けず劣らずな匂い…

 

このあたりはもうこういうものなんでしょうか。
改善してほしい所なんですが
ミント系含まれると仕方ないのかな…
それにしても、この匂いがね、いやに懐かしさもあるの(笑)
ニッキ飴?とかかなあ、
おばあちゃんがいる駄菓子屋さんで嗅いだことがあるような…

シナモン入ってるもんね。

 

 

腕あたりだと
なんとなくぽわっと血行が良くなったかな〜程度
ま、腕くらいじゃよっぽどのことがなくちゃ感度あがりませんけど!

局部および、乳首に塗布!

乳首に関しては腕に塗った感覚と近く、
「別に…」って、他の作業がんがんできます。

 

 

局所は
タイガーバームの
じんじん→ひりひり感とは違ってこちらは
ぴりぴり?といった感じ
でもそれが
「ムラムラ」にはならない!
塗っている時の
「なんだかこんなことしちゃってるよっっ」っていう感じに対しては
どきどきはするものの、
その後は、
そんな時代もあったけれど的冷静さ

 

じわじわするような、
血が集まって来てるのかなー!!?って感覚は
20分くらい続くかな?
熱い、かもしれない、という感じで
気がついたらそんなにムラムラ感はないままフェイドアウト

興奮誘発剤としてはあまり効果を感じられないかな。

その後の夜プレイでは
いつも通りに触れられたとき
いつもより気持ちいい感じがしたので、
これを塗っていたから!?でしょうか。

 

〜結論〜
柔らかめのクリームで、塗りやすい。
だからといって塗り過ぎると
成分的にはしっかり含有されているのと
非常にじんわりした感覚が続くので
クリトリスとかが不思議な過敏さで痛くなる

 

実験日の夜プレイで
これを使ったことをすっかり忘れていたけれど
いつもより感度はアガった気はした。
効果がどれくらい持続するのか追記しようと思う。

プレイ前、
大好きなパートナーとセクシャルコミュニケーションをとる直前に
今日はたくさん遊ぼう!と
テンションを高めるにはとても良いかも!

匂いは漂うので、
秘密では使えません
タイガーバームよりはロマンチックな香りかな(笑)

ユニセックスなので、
一緒に塗りっこしてみるという使い方とか楽しいかもしれないです。

感度アップクリームなので
興奮してようがしていまいが、
感度アップなのですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
error: Content is protected !!