メキシコのジープさん(&コスメル島でレンタカーかりて運転したよ)☆その2


いたるところをジープさんが駆け抜ける島
メキシコのコスメル島で
レンタルジープさんをかりることになったきょーかちんです☆


かりたのはここ!

Golondrina

フェリー乗り場のおやじが言うには

 

 

「船着場の目の前にある
Primeraというメキシコ料理屋の角に
チューチョという男がいるから、
そいつにこの紙を見せな」

 

 

 

 

 

 

 

( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

まるでドラクエ(笑)!!!

 

 

 

いまどきこんな風にかりるレンタカーなんてあるんだ…

 

 

 

 

それから島に着いた翌日
そのお店にいって

 

「チューチョっている?」

 

とたずねたら

 

「その角にいるよ」

と言われたものの
見当たらない。

 

 

 

結局
どこかに行ってしまったみたいで(なにそれ!?)
見つけられず。

 
しかも
わたし
チューチョって
どんな人か
会ったこともないから
顔も形もわかんないんだけど(笑)

 

 

 

それっぽい人!?を探して。

 

 

で、
スキューバダイビングのライセンスを取るのに
まだ1日空いていないから、
最後の日に車をかりて島を見たい、ってことを言いたくって

「じゃあ明日またくるね」

と翌日。

 

 

またいない〜。

 

 

物事があまりにも進まないとキレるきょーかちん
いったいいつチューチョに会えるんだよ、って
あまりにも顔が不機嫌になっていたのでしょうか(笑)

 

 

「この道をまっすぐ2ブロック行ったらオフィスがあるから、
チューチョはそこにいないかもしれないけれど、
そこで話せばいいよ」

ということで行ったさ。

 

 

そしたら
話はうまく進んだんだけど
なんか保障?なんかのお金で「あと60メキシコペソかかる」とか言うから、

 

 

「いやいやいやいや、フェリー乗り場のはげが、
全額80米ドルでOK、って言ってたんだけど」

 

 

ってことで
レンタカーかりないか、って言ってきたおじさんの写真を見せたらその場で連絡とってて
そう言ったことも確かだし
お金もその時払っているから
最終的に80米ドルで借りることに。

 

 

ライセンスも取得して
最後の日

これ!

 

 

 

 

 

なんですけどー

ダイビングのインストラクターの先生(日本人)に

「いやにジープさん走ってるんですけど、なんで??」

とか話してたら

 

 

全部マニュアル

 

ってことが発覚( ̄▽ ̄;)

道知らない土地で
いきなり左ハンドルでマニュアルだと〜〜〜〜〜〜〜〜!!!??????

それを聞いていたから実際に見た時に

ほんとだー

うわー
マニュアルだよー…

 

 

 

ってどきどきグリーンのジープさんを見ていたんだけど
実は赤だった、ってことで


でも中は一緒(笑)

 

 

 

これがね
ジープさんを取りに来たときに
わたしがうっかりついてきてしまったがために

 

「こいつマニュアル慣れてないんじゃ危なすぎだろ」

 

 

 

ってことで

借りる車がオートマの普通車(と呼ぶのかしら???)に変更になったのだー(笑)

 

 

 

 

さよならジープさん(笑)

 

 

 

ハロー
オートマの世界


かりたのはこの子です🚗💨💨💨

 

 

まあ
道知らないうえに
いちお国際免許もカバーしていないから
なにがあるかわからないんでね

 

 

結果
これですいすい走って
楽しかったもんだから(笑)

 

 

翌日の朝も数時間だけレンタルしちゃったの。

 

 

コスメル島の左側(地図の左側)はね

 

 

ほっっっとんど
信号がないんだよ。

 

 

あと、アメリカみたいに
赤信号でも右折は可能。

 

これはもちろん
歩行者とか気をつけて曲がるんだけどね。

 

 

信号がない場所に関しては
譲り合いながら
Uターンとか右折とか左折する。

 

それから内部の道は基本的に
一方通行。

 

 

あと独特だったのが

これ

トペと呼ばれるスピードバンプ

この画像のは
まだ低い方なんだけど

これがそこかしこにあってね
もりっとちょっとした高さがあってね
すごい減速しないとガタタンガタタン!!!!ってなるの。

 

 

それからきょーかちんは
コスメル島で初めてのことをしてしまったの。

 

 

 

それはね

鍵をいれたまんま
車のドアも窓もロックしちゃったの( ;∀;)エーン

 

オートマのばかー

ジープさんだったら窓なかったからロックすらできなかったのに(笑)

 

 

サンヘルバシオっていう遺跡に着いて
テンションあがってたんでしょうねー(笑)

ガイドさんに相談したらお店に電話してくれて
2時間くらい待ったら来てくれた。

 

 

しかしわたしは
あんまりにもこないから、

 

 

「もしかしたら、お店もスペアキーないんじゃないかな?

 

 

 

 

って言ってたんだ。

 

 

 

 

 

 

そしたらそれが
ビンゴだよ(笑)


救いに来てくれた神が
ワイヤー駆使してあけてくれた(笑)

 

えっ!?
なに

こんな方法で開けるのっ( ̄▽ ̄;)

って驚いていたら

 

「Welcome to Mexico〜」

 

 

って言われた(笑)

 

ちなみに、
驚くことに
この2人は保育園からの同級生だった!
久しぶりに遭遇したらしい。

 

「あいつ、幼馴染なんだよ〜!!!」

 

だって。

これはこれで、
2人もテンションあがってた(笑)

 

コスメルドライブは
楽しい思い出がいっぱいになりました。

 

 

 

 

ところで
かりるときはね
国際免許のナンバーじゃなくって
日本の免許証のナンバー控えてた。

 

 

 

それでいいのかしら(笑)!???

 

実際は????


書類とかいろいろやってくれたPaco


最初に日にちとか決めるのしてくれた


何日も探したチューチョ(笑)

 

 


ガソリンスタンドでガソリンいれていたら
お隣にジープさん。

 

 

 

本当に
EJSの次に山ほどのジープさんに遭遇したくらい
ジープさんだらけのコスメルだったよ!!!