素直に謝れる人はかっこいい☆


旅するセクシー
響香です☆

知り合いの京橋料理屋のママちゃんから電話があって
お話していたのね。

 

今、私の最愛のジープくんって修理中なんだけどね、
他人ががちゃがちゃいじった結果
ミッションが壊れて修理になった、といういきさつがあって

その人に連絡をしたものの

謝罪する言葉より先に

自動車は壊れるものだから、とか

そういうことはよくある、だとか

とにかく

自己弁護の嵐

とんでもないやつなんだよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾と。

 

例えて言うならば

人のこどもの耳を面白半分にひっぱって遊んでたら切れちゃって

「いや、でも人間は転べば傷も負いますから、それがカラダですから」

なんて言って逃げるようなもの。

 

 

 

 

そういうことじゃないだろー!!!!!!ってキレキレなのよ!

 

 

 

人の車をデリカシーもなくがちゃがちゃやった癖に
修理代も払わず逃げようとしているから
どうにか来週初めまでにこの件を解決したい私。

 

 

という流れから

こいつがまあとんでもない無責任なやつだよ、と

 

 

「どうして、ごめんなさい、という一言も言えないのだろうね。
 謝れない人って、なんかいるんだけど、この人種ってなんなの???」

 

 

という私の憤りから

メンズであろうと、オンナであろうと

謝らない人っているよね、という話に突入。

 

ママちゃんも長年料理屋さんをやっているし
私は私で接客業をやっているしで

挨拶とか謝罪とかお礼とか
半ば日常的にできて当たり前の世界。

 

謝れない、っていうのは致命傷だよね

 

 

で一致。

 

謝れない代わりに何をするか、というと

大体が

 

自己弁護の言い訳

 

次に、責任転嫁

 

自己弁護する人というのは

その場を収めさえすればいいや、という浅薄な考えから
とにかく問題をいさめようとするだけなので

根本解決につながることはない。

 

 

これがね、
夫婦げんかの場面でも出てこようものならば

その場はひとまずパートナーの怒りをおさめたとしよう。

でも、
それがその場しのぎで終わっている状態であれば
きっとその怒りのタネは消えないでいるから
次のケンカでも噴出し
話題に持ち出されるでしょう。

毎回毎回

古〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いネタを引っ張り出してきて

「まだあのこと怒ってるの!????」

っていうことにつながる。

 

 

これは、
その場しのぎをやめて
きちんと「なにが問題になっているのか」ということに真摯に向き合って
根本解決をしようとしない限り

繰り返される。

 

逃げても追ってきます(笑)

 

けんかとか
トラブルとか
意見の食い違いになったときにね

 

 

自分が何かやっちまった!!!ってことならば

 

やったほうが謝るのは基本。

 

自己弁護する人は
第一声に「ごめんなさい」が出てくることはほぼなくって

「でも、それはこーであーで」と

ごちゃごちゃと

言い訳を始めるから、
謝られないほうは、それを感じ取って

「こいつ💢」

って思ってる(笑)

 

 

でね、

最近

自己弁護する傾向がある人観察して思ったんだけどね

自己弁護する人たちっていうのは

「自分って悪い」

ということを
普段からココロのどこかで思っていることがあってね

そういうトラブルとか

ちょっと何かを言われたり
責任を問われたりすると

「自分が責められている」と感じてそこから回避しようとすることに躍起になるっぽい。

 

そういう「罪悪感なフィルター」をはさんでそのことを受け止めることで
本質がシンプルに入ってこないみたいね。

 

そして、
罪悪感が刺激されて
それをなんとか「そうじゃない」と弁護しようとするほうに向かうから
ぜんぜん論点がずれたところであーでもないこーでもない、と
だらだらしたやりとりをさせられる。

 

うざーいんですけど( ̄▽ ̄;)

日本語わかる?なにを言ってるか理解できてる???ってレベルのことはいっぱいある。

 

ごめんなさい、ということを
軽々しく口にしすぎるのも

「本気で悪いと思ってる( ̄▽ ̄;)?」

となるけれど

本当にね、
その人との仲を大事にしようとか
相手のことと、相手の持っているものやらすべてを尊重しようとしたら

なにかしちゃったときに自然と

 

「ごめんなさい。」って言うだろうし

 

あれはどうなったの?

 

自分にできることはないか、とか

建設的なことを言ってくるよ。

 

それが誠意、というものなのよ。

それが健全な対応だよ。

 

自己弁護する人っていうのは

もともと「罪悪感の色眼鏡」をかけていて
起こっていることをその色眼鏡を通してとらえちゃうから

悪くないもん!!!!っていうほうに認めさせたすぎちゃう気持ちからかな、

ごめんなさい、を言うことはないし

問題の本質を知ろうとすることなく
「責められている(と思い込んでいる)状況」からの回避に終始しちゃうのね。

 

そのあげく

最終的には

「逃げ」に入る。

終わらせることもできない。

 

幼いのよね、解決法も、視点も、思考も。

 

 

「謝ることもできなければ、誠意を見せることもできない無責任な人間
しかも、人の話を聞いていないし、理解しようともしていない」

となる。

 

 

謝れる人ももちろんいるからね、世の中には。

 

謝ることで、相手の感じたココロのダメージ(物とかいろいろあるかもですが)を受け入れて
そこにはきちんと汲み取ってあげることが大事。

 

 

そのうえで

「どうしたら良いかな?」と、解決法に一緒に取り組む姿勢を示すことができる。

 

謝れないのは致命傷です。

よく
○○人は頑固で謝らない、とか聞くこともあるけど
案外と(?)外国の方でも
謝るべきときは謝るしね。

私はなにか起こったときに
自分はどういうことを大事にしている人間か、
なにに対して自分の感情がどうなったか、ということをしっかり伝えることもあるのか
必ず
それに対して謝罪はしてくれるのね。
だから、「○◯人は」とかそういうことじゃなくって、
その人のパーソナリティだと思う。

人間力、です。

 

いつもパートナーと喧嘩するたびに
おんなじ話題持ち出されてーという経験がある方は
その場しのぎになっていないか、振り返ってみると良いよね。

 

きちんと綺麗に終わらせたことなんて
心からさっぱり消えちゃうもんだから!!!
引っ張られることだって、なくなる。

 

 

 

終わらせていないから、いつまでもいつまでも気にかけられてしまう。

 

 

 

向かい合うその時は

ちょっときっついなー…大変だなあ

って思っちゃうこともあるかもしれないけれど

 

その場しのぎにしないで
その時その時でしっかりクリアしていく方が
未来を思ったときに
必ず良い結果につながるはずだよ👍

 

 

 

 

Love&Eros
☆Kyouka Naked Venus☆

快感プレイは
☆快楽の遊園地アシュタルテ http://inanna-edin8.com

快感を身につけるなら
☆官能レッスン
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/

五感で感じる旅をしよう
☆旅するセクシー
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/

本能目覚めるオフロード
☆Sexy Jeep http://naked-venus.com/sexyjeep/

クリっとイカせて↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村