Kyoukaです

レイプサバイバーとして:解放へむけたアウトプット☆

ハロー
旅するセクシー
響香です☆
 
 
響香のしたたるエロス哲学Erosophy
HPのメニューから「エロスの壺☆Erosophy☆」(http://naked-venus.com/?page_id=10010)をクリックしてね。
 
∞☆Sexy Jeep☆Kyoukaのラリープロジェクト2019☆∞
http://naked-venus.com/rally2019/

レイプサバイバーとして:限界突破☆
レイプサバイバーとして:洗脳はいつから☆
レイプサバイバーとして:違和感に気づくまで☆
レイプサバイバーとして:生き方のモデルになるもの☆
 
レイプ被害にあってから
私はラリーに出る!っていうことと
ジープくんが大事!!っていう思いだけでなんとか命をつないだ
 
 
正直なところ
何度も
 
 
もういいよ、こんな苦しい思いになるんなら死んでいい
殺せば
 
 
っていう思いになったし
そう叫んだこともあった
 
だけどいろいろなことが起こったことと
世界中のラリーに出たい!とか
日の出を見る!っていう思いとか
それ以外にもたくさんある私の大事な夢
 
それを叶えたいっていうことと
真の自分と真の幸福を創る!って決めたことによって
昨年末から今年にかけて
 
 

どうしてこんな苦しい人生や犠牲を払うことを
自分にさせていたんだろう!!!
 
 
っていうことが「問題であった」とはっきり認識して
本腰いれて解決と解消
2度と繰り返さないっていう決意に向けて取り組み初めて
 
オカルトではあるけれど
鈴鹿で本物のお祓いしてくれるおばちゃんにお世話になって
もやもやしたことがすっきりしてきている
 
そして思った
 
 
変なのに取り憑かれていたのって
小さい頃からだったのかもしれないな、って
 
 
自分自身のアイデンティティが確立するのは
まあまあ早かったけれど
小さい頃すぎて
自分の力が及ばないで
両親のけんかとか見ていても
自分にがっかりすることが多かったんだよね
 
大人になって
レイプされたり
いろんなところで騙されたり
裏切られたりしていたけれど
 
それもこれも
そこで初めてひっついてきたなにか、ではなくって
 
もともとそういう方向にひっぱっていくなにかがくっついていて
ちょっと私が弱気になったりした隙に
恐怖心から片側に乗っ取られた
 
っていうことを考えた
 
 

あらゆる方向から自分のなかで
ゴミのようになっている思いとか
固めてしまって気の重さにつながるできごとを
処理し続けているんだけど
 
どーにも
ふつふつと怒りがわいてくる
 
それに目を向けたら
このシリーズの最初に書いたように
 
 
ああ
レイプされた怒りだな、と
 
直感したんだけど
 
さて
どうやってこの怒りを成仏させようか、と
考えたときに
吐き出すくらいしか浮かばないわけ
 
なかったことにはできないのよ
怒りは消えない
 
 
昔されたときも
そいつの顔も思い出すだけでむかむかするくらい
嫌だし
消えないんだよね
 
すごい苦しいのよ
なぜか、
「へるもんじゃない」
「けちけちすんな」
とか
おかしい意見を言い放つまぬけもいるけれど
そんなことで片付く問題じゃないんだ
レイプされると
まず
怒り、悲しみ、ショック、混乱、嫌悪感、気持ち悪さ、恐怖
そういうものでぐちゃぐちゃになる
そして次に
自分を責めることが始まる
でも、自分を責めたって
怒りも悲しみも消えないし
消えないどころから傷ついているところにさらに傷の上塗りをしてしまうから
始末に負えなくなってしまう
死にそうなところに
死ねもしないのに
さらに中途半端な苦しみを与えられる、って感じ
 
それから
無価値観が生まれ、自尊心が破壊されて信頼が
他人に対しても自分に対しても消える
 
 
そうなったときに
もうどうしようもないくらいに
心身が膠着して
前にも後ろにも進めず
固まっていく思いがある
 
 
で、この思い
おんなじようにレイプされたり未遂であっても性被害にあったことがある人は
同じようにもやもや抱えちゃってるんだろうな…
 
ということに思い至って
今までスタジオレッスンでは
普通に
ボディとマインド、スピリットの統合をするための
新時代のセックスレッスンをそれぞれのテーマと切り口でやってきていたけれど
 
性被害にあった人の
メンタルケア、サポートが必要だ、ということにつながった
 
 
消えない経験はあるけれど
不快だった、
嫌だった自分を受け止めて
共感することの重要さ
 
否定では決してできない方法
 
 
あと、これは
私が幸せと楽しさ100!でSMクラブで働いていた時には
レイプなんて絶対に(言い切れる!それほどいいお客様ばかりだった)ありえない事件だし
すべてが「プレイ」という名の下に
ただただ楽しくプレイしていた
「レイプごっこ」とか「痴漢プレイ」みたいなストーリープレイももちろん今でもしょっちゅうやる
 
だけど
私がリアルな性被害にあって
楽しいで済まされないことなんだよ、リアルは、っていうことを
経験者としてそれに対して表現していくことは大切な気がした
 
 
レイプは許可・同意なき一方的な搾取、強奪であって
決してコミュニケーションではないし
セックスと呼ぶものではない
 
 
私はわりと柔軟で適応能力も高いので(サバイバルしてきた環境が環境なだけにね)
どんなことも楽しさを見つけて
ユーモアでくるめるのね
 
でも、
レイプ被害でそれをやってしまうと
レイプの加害者になる可能性がある人たちに伝わらないし
被害者になる可能性がある人たちにも伝わらない
 
笑いに変えることができるのは
そういう被害が0にならないとできない
 
 
 
気づいている?
 
世の中のエロ漫画でも
AVでも
 
だいたいが女のひとは恥ずかしがったり拒んだりしていて
それに対してメンズがそれはそれは上質のテクニックを用いて女体をまさぐり
それによって女の人は感じてトリコになったり
「もっともっと」って求めるようになって
肉欲の塊になったりする
 
これ、
メンズの理想?の部分が反映されているのが大きいんじゃないのかなあ?
 
だってさ
揃いもそろって
どうして拒んでいる女の人に無理やり肉体交渉を強要し
女の人もそれで感じるようになるのよ
 
おかしいと思わないの?
 
 
相手が嫌がっているんだよ
 
 
そういうことがストーリーに組み込まれているのが大半だっていうことの
異常性に気づいてよね
 
 
これがモデルになっていたり
こういうのがエロいんだな、っていうのを「現実もうそうなんだ」と勘違いすると弊害しかないんだ
 
 
疑問点と指摘点は山ほどあるよ
 
1:メンズにそこまでのテクニシャンはいない
断言します。
20000人以上のプレイをしてきている私がいいます
あったことのない残りの大多数が超絶テクニシャンとか
ありえない
見当違いなところをくちゃくちゃ触り続けるだけの人ばかりで
いやだという言葉を覆せるほどのテクニシャンなんて会ったことありません(笑)
自分のテクニックとちんこを過信しちゃだめよ
大抵の女の子が褒めるのは「早く終わって」ほしいからだから
 
2:「いやだ」と拒む言葉の大半は本音である
メンズでも性被害にあったり痴漢にあったりしている人たちがこぞって言うのは
「怖かった」「嫌だった」「気持ち悪かった」
女の人がそんな目に遭ったらなおさらです
メンズは普段の飲み会でも
女の人からのボディタッチとか「おっ」って喜ぶものかもしれないけれど
女は違う
好意もなにももっていない赤の他人のメンズから
髪の毛1本触られるだけだって、
普通の感性の人であったら「やめてくれる」となるのが普通の女
いやだ、やめて、ということを
言葉の通りに受け止めることをいい加減に学ぼうよ
 
3:嫌だと思ったら、女は感じることはできない
オンナはオーガズムをコントロールできます
たとえ瞬殺できるおもちゃを使ったとしても
「こいつ嫌いだから絶対イッてやんない」って決めてた
っていう女の子とか、前のお店にいたしね
不快を感じたら、そこから2度と心も体もその人に対して開くことはありません
触られたくないからね
ただし
生理反応として、身体は守らなくちゃならないので濡れることはある
これは、身体を傷つけないための防衛だから
「=感じてる」の証明にはならない
濡れにくい子だったら
愛し合ってるパートナーとでさえも
感じていたって濡れないから
 
 
 
メンズはね
これはいや
あれはいや
っていうのを「自分の否定」に受け止めないで
一度ちゃんと「相手の意思」として受け止めて
そこからじゃあどうすればいいかコミュニケーションとったりブラッシュアップすることに意識を向けたらいいんだよ
 
 
セックス拒まれて
「俺のことが嫌いなのか?」
なんてバカみたいなこと言う人なんてさ
「したくないよ」っていう気持ちを受け入れないで無視して脅迫しているわけだからね
論点をずらしているのよ、気づいていないけれどね
 
それからコンドームつけないでいれようとする人はきちがいだよ
どれだけ人の身体に責任とれるのか?
誠意もないし無礼なだけ
 
マンガとかAVとかを
「これはファンタジーなのだ」
「そういうエンターテイメントなのだ」
「そういう表現なのだ」
っていう
境界をひいた目で理解する、っていうことは
すこぶる大事であって
 
マンガでそう書いてあったし
AVだってそうしていたしそうするもの、とか思うのって愚かなんだよ
 
 
ドラゴンボールでかめはめ波出してるからって
会社で
「おかしいな、かめはめ波出せるんじゃないの?」って言ってるやついないでしょ(笑)
いたら
「おまえ、無能か?」って笑うでしょ
マトリックスみたいな生活を実際にするバカいないでしょ
 
AVとかエロマンガになると不思議と、それを踏襲したがる
ばかなんじゃないか?
 
それと同じレベルの知識と認識しか
備わっていないのが
日本人の性知識よ
性被害にあったことでいうなら
「セクシーだったから」
「エロいかっこうしてたから」
そういうことを言う人がいるんだけどね
そうであっても
ちゃんとしている人は理性を保つし相手を尊重できるから
たとえ欲求が起こったとしてもそんな風にレイプとかしてこない
 
 
八百屋の前にざるに入った野菜置いてあるからって
黙ってその野菜持っていかないよね
「あんなとこにピーマン出してるからだ」とか
言わないよね
 
 
黙って持っていく方が
100%悪いよね
 
 
そういうことなんだよね
それなのに
レイプ被害にあうと
 
される方が悪いんだ!
なんて
的外れで時代遅れでとんちんかんな意見が出てくるんだよ
ありえないだろ、される方が悪いなんて
 
そういう人が未だにいる、っていうことが
どれほど日本の性教育が遅れていて
自分の都合良い解釈で彩られているか
相手のためでもなく
2人のためでもない、っていうことかと気づかないと
進化しないとだめだよ
 
 
そういうこと言う人は
自分の身体に無断でそういうことをされる経験をすればいい
 
 
自分の家に
ずかずか土足で入ってこられて
「美味しそうだから飲んじゃった!」って
黙ってとっておきのお酒とか飲まれて
冷蔵庫のケーキを食べられて
「あー美味しかった!来てよかった!じゃあ」
って
またずかずかと帰られてみればいいよ
 
 
ちょうど今週は
オリジナルグッズ用の写真をピックアップしがてら
ある映画を1本観たの
映画のタイトルは
「テルマ&ルイーズ」


テルマとルイーズという女2人組が
ある日ロードトリップに出かけるんだけど
途中で立ち寄った酒場でレイプ未遂があって
犯人の男を撃ち殺しちゃうのね
そこから逃避行を始めることになるという
ロードトリップムービーなんだけど
この映画に出てくるロケシーン
特に最後のクライマックのシーン
ここは
私が1番最初にたった1人で走ったトレイルなんだ

ユタ州モアブにある
キャニオンランズナショナルパークにいたるトレイル
Potashe RoadからShefer Trailを経てwhite rimへ向かう道
ここは警察に追われて逃避行を続ける2人の車が走る道
映画を観てびっくりしたけれど
確かにこのトレイルで
「テルマ&ルイーズポイント」っていう場所があるんだよ
私は映画見たことなかったし
そっかーと思って
たった1人で延々とトレイル走ったけれどね
(トレイルとしては超絶景が続くし走りやすいから超おすすめ)
この映画の中で
2人とも
それぞれの旦那や恋人から支配されて少し頼りなげなんだけど
レイプ犯を撃ち殺して逃避行を続けているあいだに
本当の自分に覚醒して
どんどん活き活きしていく姿が
なんとも印象的かつ感動的な映画なんだよ
 
撃ち殺すシーンで
映画では一発即死だったけど
私だったらちんこかケツの穴狙って
2度と使い物にならなくしてやって
そいつがのたうちまわる姿を見たいところだけどね
 
それはそれとして、
オンナにここまでさせてしまうパワーが
レイプにはあるんだよ、
ここまで強烈な怒りが起こるんだよ
っていうこともひとつある
 
女側として言うならば
自分の権利は自分の権利として
守ることは大事だし
主張を受け入れられない
尊重できない男なんて
相手しちゃダメだな、ことがよくわかる
 
 
 
私は残念なことに
小さい頃からの過程で
「自分を大切にすること」や
「尊重すること」について教わることも
身につける機会もほとんど失っていた
 
あるとしたなら
両親を見て「早く家を出て自分で生きたい」って思ったことくらいかもしれない
 
自分を守ることや
「それについてはNo」ということは
決して相手の否定ではなく
自分の意思表明であって
それに対して異論を唱えたり
暴言吐くような人は
どれだけいいことを言う瞬間があったとしても
根本的にこちらを大事にしてくれる人ではないのだから
お断りして
さっさとそこを去ればいい
 
 
この映画を観て
レイプ犯を撃ち殺し逃亡を続ける中で成長していく姿は
本当の意味での自由を獲得するためのメタファーのようで
すごいタイミングで観たな、と思った
それと同時に
あーモアブ行きたいな
走りたいな
ってことかな(笑)
 
走りたーい
 
 
ってことで
とにもかくにも
このテルマとルイーズのように
思い切った行動ができず
レイプされたり性被害にあった悲しさや辛さや恐怖を
内側にためこんじゃって気の病「病気」になってしまう人もいるでしょう
 
あの銃で撃ち殺すシーンは爽快といえば爽快のひとことよね
被害にあったことがある人なら
思いを重ねる人も多いと思う
 
 
これから
そういう人たちの気の重さを吐き出せる場を作って
メンタルケアをして
その経験から自由になることをサポートします
こうやって書いていくと
セックス含め
セクシャルなコミュニケーションが嫌いなのか、と思う人がいると思うんだけど
それは大きな間違いで
私は誰かを気持ち良くして自分も幸せを感じるし
楽しいから好きなんだよ
だけど
同意も許可も交渉もなんんにもない一方的なものは
性的なものでなくても
不快だし無礼だし
断固反対だし
そんなことやるなよな、ってこと
コミュニケーションではないのですから
 
 
Love&Eros
∞☆Kyouka Naked Venus☆∞
 
∞☆Sexy Jeep☆Kyoukaのラリープロジェクト2019☆∞
http://naked-venus.com/rally2019/
 
 
∞☆Kyoukaが痴女るDVD☆∞

M男パラダイス…http://www.mo-paradise.com/front/delivery_detail/MPA1806DLV0737
DMM…http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=mgmj028/
 
エロスの癒しと解放
∞☆アシュタルテ☆∞
http://inanna-edin8.com
 
本当にハッピーな毎日
∞☆セックスライフスタイリング☆∞
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/
 
五感で感じる旅をしよう
∞☆旅するセクシー☆∞
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/
 
本能目覚めるオフロード
☆Sexy Jeep http://naked-venus.com/sexyjeep/
 
Kyouka Twitter https://twitter.com/kyoukaNV0
FB https://www.facebook.com/kyouka.mizusawa.771
Instagram https://www.instagram.com/kyoukanakedvenus8888/
クリっとイカせて↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。