Kyoukaです

レイプサバイバーとして:違和感に気づくまで☆

ハロー
旅するセクシー
響香です☆
 
 
響香のしたたるエロス哲学Erosophy
HPのメニューから「エロスの壺☆Erosophy☆」(http://naked-venus.com/?page_id=10010)をクリックしてね。
 
∞☆Sexy Jeep☆Kyoukaのラリープロジェクト2019☆∞
http://naked-venus.com/rally2019/

レイプサバイバーとして:限界突破☆
レイプサバイバーとして:洗脳はいつから☆
つづきでーす
 
 
私が
自分の当たり前であった日常に対して
「あれ?これってすっごく変なのかもしれない」
 
と思い始めたきっかけは
 
 
なんと
ただの情熱と好奇心で始めていたと思った
セクシージープラリープロジェクトだった!
 
 
ラリーに出よう!って思い至った話は
また別で書くことにしているので
ここではさらっと書いておくと
 
 
私、2015年8月に
モニュメントバレーっていう場所に行ってみたいな、っていう思いから免許を取得して
その年の9月に「ラリーっていうのがあるらしいから行ってみたいな」って
モータースポーツのライセンスを取り始めて
 
今に至るんだけど
 
本当は
2017年にラリーに行く気満々だったのね。
 
ただ、
その時点ではすでに
レイプで中出しという強烈な経験のあとで
仕事が順調に進んでいるとはいえず
やる気と情熱と身体がばらばらになっちゃってて
から回っていたの
 
お客様が2人くらい
ちょこっと応援的なことで5000円とか1万円とか送ってくれて
でもどうしてラリーに出るまでの分を
自力で稼ぐにしても
仕事に対しての気持ちが薄くてうまくいかなかった
 
2017年は
ラリーに出るチームメイトも
実は決まっていて
ジェニファーという子沢山のお母さんがナビやってくれる、って話で
でも彼女も当初から予定していたラリーではなかったから資金はなかったのね
 
私は仕事もアルバイトも始めたけれど全然追いつく金額ではなく
切羽詰まりすぎて
最後の最後の手段としてお客様にも聞いてみたりするところまでやってみたけれど
それでも集められそうになかった
 
自分の情熱が先延ばしになりそうなことと
太く力強く応援してくれる人が少なすぎることで
なんとなく悲しくなって
かつてSMクラブでがんがん働いていたときの勢いがあればなあ、と
自分の無力さに気落ちしていた
 
そこへなんとまあ
ものすごいタイミングでね
母から電話がたまたまあってね
 
何を言われたかと言うと
 
「お金がないから送ってくれないか」
 
という話だったのね
 
もちろん私も人に差出せる分がある状態ではなかったから断ったんだけど
その後、崩れ落ちるように
1週間くらい寝込んでしまってね
 
この人、こどもが切羽詰まってる時にお金の無心してくるんだ…
 
まあ母親はその時ラリーのことなど知らなくて当然なんだけど(言ったら否定されるし止められる)
私、
力が必要なときに
サポートしてくれる人がいないんだな、っていうことと
小さい頃から繰り返されてきた
「私のために稼げ」という声が突然のように思い出されて
また心が無音化してきた
 
そして2017年は参加することができず
ジェニファーにはさんざん謝ったあと(2018年のラリーで出会えた)
2018年度のラリーのスケジュールが発表されて
今度こそ行く!と気持ちを改めて前を向いたら
お客様で一部のラリー参加費用を応援してくれる人がいたのね
3分の1だったかな
それを入金できたから
2018年の足がかりはできて
あとは私が仕事やらいろいろで勢いづけばいいな、と思っていたの
 
 
 
ところが事件は降りかかってくる(笑)
 
 
2018年の1月3日
モロッコで開催されるガゼルラリーに参加しているラリーストの先達
Kaoriさんに
「砂を走る練習しに行くけど行く?」と声かけてもらって
茨城の方まで走りに行った
そこへいた群馬の男が
なんと
私の最愛の愛車ジープくんを壊したのだ
その時のことはよく覚えている
これまでのレイプ被害のようなこととほぼ同じである
いやだと言ってもやめてくれない
人の車をなんだと思っているんだろう
結局
ミッションを壊されたので
修理代について連絡をしたらとんずら
その男はFBでアカウントも持っていたくせに
私が修理代について追求始めたらアカウントも消して逃亡
未だに見つけられていない
ラリーのお金もまだ貯めなくちゃならないのに
車の修理費用100万円が重なってきたことと
なにより
不慮の事故ではなく
わざわざ引き起こされた故障であることに腹が立った
でもこの時の私はまだ
「私が悪いのだ」という洗脳が解けきっていないから
見つけ出して修理代を払わせる、ということもできず
やめてといったのに
またこういう目に遭ってしまうということに悲しくなり
世の中に絶望しまたしても私は寝込んでしまった
 
仕事がある日は
お客様を幸せにするんだ!というただひとつのモチベーションでなんとか息を吹き返していたけれど
それ以外の日は完全に死に体だった
 
 
そして実際に
ジープくんが修理から帰ってきたのは
2019年、そう、今年の1月である
 
それまでのあいだ、お金を捻出することができず苦しかった
しかもあいだにはまーたこういうこと起こるんだな、って感じだけどラリー後帰国する際にiphoneをセドナに忘れてきてしまいお金が一銭も残っていない状態のときにライフラインが完全に絶たれた
 
 
これをこどものいる人が読んでいたらよーく覚えていてほしいんだけど
こどもに教えることは
自分を大切にすること、である
他人ではない
社会ではない
なによりも自分、である
 
自分を大切にしている人だけが
周りも本当の意味で大切にできる
間違っても
その子の気持ちを「おかしいことを言うな」とか否定したりすることなく
悲しみを感じていたら
悲しいんだね、と受け止めてあげて
怒っていたら
怒ってもいいんだ、ということを受け止めてあげることである
 
世間体とか気にして
大人になって苦しみを余計に抱えることがないように
変なやつに苦しめられることがないように
大事なこどもだったら大事にしてあげないといけない
 
 
そんな風に2018年の早々に
絶望するようなできごとに見舞われどん底に
ラリーには行けるところまで手がかかり始めたのにすべてがどん底だった
 
私はなにかこれをしよう!と決めたら
ひたすらそれに没頭してその技術を磨きたい人なんだけど
ジープくんを修理屋さんに預けっぱなしだったから
走る練習すらできない
走りこめない、っていうのもいやだったけど
すべてのことにおいて
どうしたら良いのか本当に四面楚歌だった
 
それでも夏くらいまでに
自分の仕事とアルバイトで必死にお金を作り
3分の2まで、ラリーの資金を払ったけれど
まだ足りない
 
その時に
自分の力だけでは今は不十分だと思い
クラウドファンディングもやってみたけれど
10万円くらいしか集まらず
それすらも手数料で8万円くらいになってしまい
もちろん見ず知らずの人がプロジェクトに共鳴して賛同してくれて集まったお金だしありがたいに違いはないんだけど
航空券も買えない
正直、なんの足しにもなってない金額になってしまった
 
それが8月の終わりくらいで
9月に入り
念願だった砂漠を走る練習に飛ぶ費用も
トレーニングの費用も捻出など到底できないから
今回は、ルールを知って、どうやって進めるかを知る機会とわりきって
砂丘は現地で本番で練習し
身体で体得していくしかないな、と腹を括った
 
私は風俗店でもそれなりに結果を出してきているくらいなので
やったことに関しては自分なりに満足いくところまで結果を出したい人なのね
 
もちろんそこにいたるまでに
トレーニングできることはばっちりトレーニングして
万全の準備で臨みたい人なのに
サポーターなし
気持ちのアンバランスはまだ残っている
お金は不足と
やりたいことを思うようにのびのびできなくて
本当に不完全燃焼で歯がゆかった
 
それがすごく不満だったけれど
それでも行けるようにあきらめないでいようと
やっていたところへ
ラリーの主宰がチームメイトを見つけてくれた
それが9月の半ば
 
チームメイトはアシュレイというキャンプグッズのお店で働く女の子で
このラリーで1度経験ある
私が初めての参加だから
ナビは経験者がいいなと思っていたのでラッキーである
 
 
しかしアシュレイはまた資金を持っていない
 
 
残り参加費は3分の1必要で(70万円くらい)
それに加えて
現地で車に装備する
テラトリップやジャッキとかを買ったりつけるための費用や
コンペティション中にガソリン代
もちろんコンペティション前後の宿泊費なんかも必要なんだけど
一切が足りていない
 
なにより、
飛ぶためのお金がまったくなかった
 
でもアシュレイも
どこの馬の骨かわからない
言葉もどれくらい通じるかわからない日本人の私のチームメイトになるよ!っていうんだから
しかも
参加するために仕事も何日も休みをとっただろう
 
それを考えると
「お金が足りないから飛べないよ」
なんて言えないし
ラリーの主催側も
私は2015年から「参加する!!」っていうことを伝えていたので
やっと今年来られるということで待っていてくれるだろうし
準備もしているだろう
 
私がお金のことごときでやめるには関わる人が多すぎるし
影響の及ぶ範囲が大きすぎると思った
 
 
そもそもそんなことを思うことはなかったけど
 
飛ばない、という選択肢は私には最初からなかった
 
そこで私は
家にあるものをお金に換えていくことを決めたけれど
もともとが
売ったりすることを想定して物を買っていないし
必要最低限で生きているし高価なものをたくさん持っていないので
20万円くらい作ってあっという間に家の中もすっからかんになった
 
やっとの思いで手に入れたものがあったから
本当に悲しかったなあ
 
でもヴァージンの創業者が
「情熱には犠牲を伴う」と書いていたから
そういうものかもしれない、とも思って
またお金貯めて買い戻そう!と決めて
まずはラリーの1点集中にした
 

 
実はここにいたっても
お金がうまく集まり切らないことでそのことばかり心配した結果
パスポートの期限切れや(これは信じられなかった)
航空券の買い直しなどあれこれ死ぬほどハプニングがあったんだけど
今回はレイプサバイバーとしての違和感の気づきなのでそこは割愛
 
またラリー体験記で読んでね
 
 
そんなこんなで
てんやわんやしながら汗だくになりアメリカへ飛び
スモッグチェックでとんでもないことになるなか四苦八苦と苦渋の決断繰り返し
フェニックスに着くなりラスベガスへ爆走し
アシュレイの家へ
 
 
アシュレイはイメージするところのアメリカ的お嬢さんの典型的な
フレンドリーでてきぱきしてる、って感じの子だった
 
ラリーのスタート地点はレイクタホの近くで
そこでの準備は
アシュレイのお兄さんの別荘をかりることになった
 
アシュレイの家で就寝し
翌日
私たちはラスベガスからレイクタホまで走った
 
お兄さんの別荘につくと
アシュレイのお父さんとお母さんが出迎えてくれた
アシュレイのお父さんとお母さんは
明日から始まる娘のコンペティションの応援と
準備のお手伝いのために
わざわざレイクタホまで来てくれていた
 
晩御飯をご馳走になり
装備品の足りないものとかを手伝ってくれた
 
そしてアシュレイや私を
ガッツある!とか勇気あるね!とか
とにかく激励して応援してくれた
 
あと、娘に良い経験を一緒にさせてくれてありがとうと言われた
 
 
アシュレイのお父さんが
私たちのヘルメットにチームセクシージープのアイコンである
星のステッカーを貼ってくれてるときに
ふと
自分が抱いている違和感に気づいた
 
そして
車の扱いについてネットで調べ物をしつつ
彼ら家族の姿を遠目で見ていて完全に気づいたのだ
 

 
こういう風に
自分の夢や
「これしたいんだ!」っていう時に
 
家族に応援してもらったり
支えてもらったりしたことって
あっただろうか?
 
 
 
 
ここに至るまで私って
どんな道をたどってきてたっけ?
 
カラダを貼って
踏みにじられて
AVプロダクションでは騙されて
でも私が悪い、ってなって弁護士さんも意味不明におびえちゃって嘘ついたの向こうなのにお金払って解決することになっちゃって(300万円)
だれも味方をしてくれなくて
 
 
 
ここに来るまでも私は
自分の宝物を売り払ってきている
 
なにもない
 
むしろ家族は
私がラリーに出るなんてことどころか
生きていること自体も否定してくる
 
私は
アシュレイの家族に
なにを見ているんだろう
 
 
 
 
衝撃的な瞬間だった
 
 
 
 
 
Love&Eros
∞☆Kyouka Naked Venus☆∞
 
∞☆Sexy Jeep☆Kyoukaのラリープロジェクト2019☆∞
http://naked-venus.com/rally2019/
 
 
∞☆Kyoukaが痴女るDVD☆∞

M男パラダイス…http://www.mo-paradise.com/front/delivery_detail/MPA1806DLV0737
DMM…http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=mgmj028/
 
エロスの癒しと解放
∞☆アシュタルテ☆∞
http://inanna-edin8.com
 
本当にハッピーな毎日
∞☆セックスライフスタイリング☆∞
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/
 
五感で感じる旅をしよう
∞☆旅するセクシー☆∞
Sexy Adventure http://naked-venus.com/sexyadventure/
 
本能目覚めるオフロード
☆Sexy Jeep http://naked-venus.com/sexyjeep/
 
Kyouka Twitter https://twitter.com/kyoukaNV0
FB https://www.facebook.com/kyouka.mizusawa.771
Instagram https://www.instagram.com/kyoukanakedvenus8888/
クリっとイカせて↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。