Site Overlay

「ヤッた」か「ヤレなかった」かだけをみているメンズ哉☆

Hola!
響香です。

 

ふと思ったのね

 

メンズが話題にする時って

 

 

 

ヤレた、とか
ヤレなかった、とか
ヤレるのか?とか

 

 

 

 

「ヤッた」か「ヤレなかった」か

 

っていうことが中心なんだな、っていうことを

 

 

それと

それだけなんだな、っていうことを笑

 

 

 

つまり

行為が目的で
それさえ達成できればいい

的なニュアンスを感じる

 

 

 

ところが実際に
女子会で話題にされるとしたら

 

 

セックスの時の前戯がどーだかこーだかとか
ち○このサイズがどーだかこーだか、とか
手マンがへたくそで痛いだとか
クンニもしてくれないとか

 

 

そういう具体的なされたことが中心で
お互いの今カレ元カレ全員総出で「あるある」大会が始まる
女子の下ネタはまあまあディープだ

 

なんであんなとこに毛が生えてんの!?とか
〜ってどーいうこと!?的な
かなり突っ込んだ話が繰り広げられて
そこにメンズが迷い込んだとしたら
トラウマになって2度と立ち上がれない可能性がある

 

 

女子は
「ヤッた」「ヤッてない」という行為の先にある

 

中身=クオリティを見るし話題にする

 

 

それによって

そのメンズがどれだけ自分を大事にしているか査定しつづけているし
その後もセックス含め付き合いをどうするかということを
吟味しつづけている

 

 

 

やるかやらないか

だけを目的としているならば
そりゃあ100人斬りでも1000人斬りでも達成できるでしょうね

 

 

イカせるかイカせられないか

を目的にしたとしても
おもちゃ使って無理やり「とにかく」イカせる

 

ということも可能でしょう

 

 

潮吹きも然り

 

 

 

でも果たして

それによって
相手の女性が満足したかどうか

というところにおいてはメンズにとっては二の次で
どれもどうなんだろうね、っていうところ

 

 

恐らく反論したいメンズもいるでしょう

 

だけど事実として
メンズが女性を気持ち良くするのは
自分がお返しに気持ち良くしてほしいから、とか
義務感で「だってやってあげないとだめなんでしょ」っていう考えに基づいている人も少なくない

つまり

ヤッたからちょっとはヤッておかないと、っていう「添え物」である

下手すりゃ前戯含めた責めなんてただの「パフォーマンス」なメンズもいる

こうなると
クオリティの改善なんて
とてもじゃないけど見込めない

 

 

メンズは

ヤッたら自分の欲望は満たせてるし
自分はすっきり発射したとして
昨日ヤッてさ〜と話題にしている裏側で

ヤルならヤルでせめてまともなセックスしろよ!!!

怒り心頭の女性は少なくないわけだ

 

 

女性は

ヤルこと≠満足すること

 

 

ヤッたからって気持ちいいわけじゃない
ヤレばイケる
というもんでもない

 

それどころか

ヤッた結果

あれ??なんかこれ…こういうヤツだったの???

 

ヤラなきゃよかった

ヤラセなきゃよかった

 

めっちゃ後悔〜( ̄▽ ̄;)なにこの自己満セックス〜

 

なんてことはざらにある話

 

 

 

これからのメンズは
「ヤレた」「ヤレなかった」ではなくって

パートナーを満足させられたかさせられなかったか

どれほどいいセックスをしたかどうか

っていうところに目的をおいたら
クオリティがもっと良くなるんじゃないのかな??

 

 

 

っていうことを考えたある日

 

 

Love&Eros
☆Kyouka Naked Venus☆

 

快感を体験するには
☆快楽の遊園地アシュタルテ http://inanna-edin8.com

快感を身につけるには
☆ハッピーになるマジカル官能レッスン
Shalimar Life Studio http://naked-venus.com/shalimar/

 

クリっとイカせて💚
にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
にほんブログ村

コメントを残す

Translate »
error: Content is protected !!